観光


 ”風待ちの港”として知られた漁業の町・三崎には、いまも漁港としての素朴な町並みが残っています。しかも、有名なマグロ漁港らしく、新鮮なマグロ料理の店が軒を連ねて待っています。さらに朝の8時半から見学できる魚市場に行けば、水揚げされたばかりの本物のマグロにお目にかかることもできます。
 三崎港の入口近くにある海南神社は、三浦一族の総鎮守として創建され、樹齢800年にもなるという銀杏の巨木がみごとです。また、この神社には、グルメの神様ともいうべき、磐鹿六雁命(いわかむつかりのみこと)がまつられており、境内には包丁塚もあります。
 三崎の港を守る自然の防波堤になっているのが城ヶ島。「雨はふるふる・・・・・・」で有名な「城ヶ島の雨」を残した北原白秋の自筆の詩碑が、城ヶ島大橋を背景に立ち、近くには、白秋記念館もあります。さらに、城ヶ島灯台、城ヶ島公園では、四季それぞれの自然を満喫できます。


 8kmにもおよぶ遠浅の海となだらかな砂浜をもつ三浦海岸。県内外から多くの海水浴客が訪れ、”日本のデイトナビーチ”という別名を冠せられるまでもなく、ここはまちがいなく首都圏最大の海水浴場です。夏には海水浴だけでなく、花火大会をはじめとするイベントが目白押しですが、夏のシーズンを過ぎた三浦海岸もまた、釣り、サイクリング、オリエンテーリング、そして”フルーツロード・ドライブ"と、アウトドアレジャーのメッカとなっています。
 なかでもホノルルマラソンの姉妹レースとして有名な三浦国際市民マラソンは、5km・10km・21km(ハーフマラソン)とクラスがわかれているところから、小学生4年生以上で健康に自信のある人ならだれでも参加できます。美しい自然のなかを走り、終わってから美味しい海の幸を食べるというフィットネスな一日を体験してみるのもいいでしょう。

明治4年(1871年)に点灯した剱崎灯台は、太平洋から東京湾に出入りする船舶の目印となってきました。白亜の灯台からは、遠く房総の山々や伊豆大島まで遠望でき、太平洋の雄大さとともに息をのむような眺めが広がります。


  ここから大浦海岸まで足をのばせば、弥生時代の遺跡、大浦山海蝕洞穴を見学でき、6月半ば頃には自生するヤマユリの群れの美しさに出会うこともできます。


"海の軽井沢”の別名をもつ油壺は、地形がつくり出した鏡のような静かな海面と緑豊かな岬の景観が個性的です。
 岬には、京急油壺マリンパークがあり、世界の珍魚・怪魚を集めた水族館「魚の国」をはじめ、屋内イルカショー、フィールドアスレチックなどもあり、おとなも子どもも楽しめます。
 隣の小網代湾では稀な干潟をみることができ、深い緑が残っているので自然観察のメッカとして親しまれています。

宿泊


ジム、プール、各種レストランが併設されたオーシャンリゾートホテル。広さ、豪華さ、眺め・・・すべてに一流を

食事処


みごとな日本庭園を眺めながら、三浦随一の本格的会席料理。
046-889-2020

三浦観光マップ

車アクセス図